主婦がキャッシング審査に通るためにはどうすればいい? 

キャッシング通りやすい

主婦がキャッシング審査に通るためにはどうすればいい?

生活費、子どもにかかるお金、ママ友との付き合いなど、主婦は思っている以上にお金がかかります。節約をしてうまくやりくりできれば一番理想的ですが、冠婚葬祭、進学のタイミングなどの理由から、まとまったお金がどうしても必要な時もありますよね。

今回の記事では、そんな時に知っていると心強い「主婦がキャッシングを申し込むときのポイント」をご紹介します。

主婦でもキャッシング審査を受けることができるのか?

結論から言うと「受けることが出来る」となります。

収入のない主婦が申し込めるキャッシングは基本的には2種類となります。

配偶者貸付

現在、貸金業法の総量規制により、契約者本人に収入がない場合は原則として消費者金融などでの借り入れが不可能となりました。

総量規制
貸金業者での借り入れの場合に適用される規制。個人での借り入れについて、借入の上限が年収の3分の1まで、と制限するもの。ここでいう貸金業者とは、消費者金融やクレジット会社等。

ただし専業主婦や収入の少ない主婦を対象に、一部の貸金業者では「配偶者貸付」を行っています。

配偶者貸付を受けるための条件は

1:年収を合算できるのは夫婦のみ
2:夫に安定収入がある

となっています。この条件を満たし必要書類を揃えれば、総量規制が適用される貸金業者でも主婦がキャッシングに申し込むことが出来ます。

銀行系カードローン

先ほど総量規制について記載しましたが、銀行系カードローンは、その総量規制の対象外となっています。対象外といっても無職の方は原則として申し込めませんが、主婦であれば本人にパートの収入がある、もしくは夫に安定収入がある、という条件を満たせば申込みが出来ます。

銀行系のカードローン会社は、一般的に審査は厳しめといわれています。その分、カードローンの金利は低めに設定されています。また総量規制の対象ではありませんが、借入限度額についても10万~30万円程度になることがほとんどでしょう。審査申込からローンカード発行までに数日~10日ほどかかることが多いので、必要だとわかれば早めに申し込みをしておきましょう。

主婦がキャッシング審査を受ける際に必要なものは?

配偶者貸付を使う場合

・申込者の本人確認書類(免許証などの身分証明書)
・夫婦であることを証明するもの(戸籍抄本・住民票など)
・夫の同意書
・夫の収入を証明するもの(源泉徴収票など)

銀行系カードローンを使う場合

・申込者の本人確認書類(免許証などの身分証明書)
・夫の勤務先の住所など(場合によって申込書に記入する必要がある)

家族やパート先にバレずにキャッシング審査を受けることはできるのか?

もし、配偶者貸付を利用してキャッシングを受けようとする場合は、ご主人の同意が必要書類に含まれているので、その時点でばれてしまうでしょう。

銀行系カードローンの場合は、申込書には夫の勤務先や年収などを記載することがありますが、基本的にはそれだけで申込みが完了します。カードローン契約時にご主人に確認の電話連絡が行くとか、同意書がいるといったこともないので、内緒でカードローン借入をすることが出来るでしょう。

パートをしている主婦の場合、ご主人の収入に頼らずとも自分の収入を申告するだけで消費者金融系も銀行系も審査を受けられることが多いでしょう。

この場合、勤務先に在籍確認がいくことが多くあります。借入申し込みだとわからないようにかけてきてくれるのでそれだけでばれてしまうことはほとんどありませんが、心配であれば「クレジットカードを申し込んだので在籍確認があるかもしれない」とでも電話対応の担当の方に伝えておくと良いでしょう。

主婦が借入できるキャッシング限度額はどれぐらい?

配偶者貸付を利用する場合、総量規制に従って合算した年収の3分の1までとなりますが、実際にはもう少し低い限度額での貸し付けになることが多いようです。

銀行系カードローンの場合、総量規制の対象ではありませんが、カードローン限度額は低めに設定されることがほとんどです。具体的には専業主婦の場合10万円程度、パートをしている主婦の場合でも10万円~30万円程度となるようです。

主婦がキャッシングを申し込む際に気を付けるべきこと

返済できる範囲で利用する

先ほど銀行系カードローンでは配偶者の勤務先や年収の記載のみで借入が出来ると記載しました。簡単に借りられるからといって、いくつもの金融機関でカードローンを作ることは止めておきましょう。

一つ一つの借入金額は少なくても、気が付けば借入総額が膨れ上がり、返済能力を超えてしまうという可能性もあり得ます。トータルで返済金額はあとどれぐらいあるのか、という借入残高や利用目的を意識しながら無理のない範囲でカードローンを利用しましょう。

クレジットカードの延滞などが無いようにしておく

クレジットカードや携帯端末の分割払いは、延滞してしまうと個人信用情報に影響がでることがあります。いざ申し込もうと思ったときに、過去の延滞履歴によって発行不可能となることも珍しくありません。日ごろか延滞には十分に注意しておきましょう。

悪徳業者に注意

最近少しずつ借入規制が厳しくなっていますが、多くの消費者金融会社や銀行で「主婦でも借入可能」と謳っています。

銀行系カード―ローンは主婦でも申し込めることがありますが、消費者金融などの場合、総量規制により収入のない主婦に貸し出しをすることはできません。

もし、配偶者貸付などではなく、主婦にそのまま貸し出しをしてくれるという業者があればそれは間違いなく違法です。最近では優良な貸付業者を装った闇金なども増えているので、利用者はしっかり見極めるよう注意しましょう。

夫にも出来るだけ相談する

主婦がキャッシングを利用する場合、夫に内緒という方が非常に多くなっていますが、もし生活費が苦しく、毎月赤字という状態であればご主人にも出来るだけ相談するようにしましょう。

もしご主人のお小遣いを減らす、夫婦とも節約に気を付けるといった対処が出来れば、無理に利息を払ってキャッシングをする必要もなくなります。

主婦におすすめのカードローン

ここでは主婦の方が利用できる大手銀行カードローンをいくつかご紹介します。

カードローン名 利率・限度額 おすすめポイント 備考
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行)
年1.8~14.6%
専業主婦の場合30万円まで。
・支店内のテレビ窓口で申込み可能
・カードが発行されるまで最短で40分
・同行に口座を持っていればATM以外の返済も可能
・公式HPや電話でも申し込み可能
・本人確認書類が必要(テレビ窓口の場合、運転免許証提示の場合のみ即日発行可)
みずほ銀行カードローン コンフォートプラン
年14%
10万円~100万円まで。
・WEBで申込み可能
・最短で即日利用可能
・キャッシュカードまたはカードローン専用カードが選べる
・みずほ銀行の口座開設が必要
・200万円までは収入証明書不要
楽天銀行カードローン 年14.5%
最大で50万円まで
・スマホで申込み可能
・最短即日審査可能
・ポイントプレゼントあり
・全国のATMで利用可能
・会員専用サイトあり
・公式サイトには専業主婦専用の申し込みページがある
・必要書類は本人確認資料だけで良い
・契約確認のため本人あての電話確認がある

このほかにもほとんどのメガバンク、地方銀行などでカードローンの取り扱いがあります。公式サイトや店頭のパンフレットなど確認してみてくださいね。

この調査内容の総括

自分だけでなく、家族のお金も管理する主婦の場合、計画的にお金を管理していても子どもや夫のことや、親族の冠婚葬祭で急にお金が必要になる場面も多々あります。

そういったときには、短期間でキャッシングを利用することも一つの方法です。自動契約機やネットを利用して借入の申し込みをすれば、すぐに審査をしてもらう事が可能です。

現在の貸金業法では無収入の主婦に対して貸金業者がお金を貸すことはできませんが、銀行系のカードローンであればその対象外なので専業主婦でも申し込みが可能です。

利用可能限度額は小さくなりますが、簡単に申し込めるので使いすぎには気をつけなければなりません。返済計画をしっかり立てておけば家計の強い味方になってくれるでしょう。

今回のレポートでは、主に収入のない専業主婦の場合についてご紹介しました。もし、正社員やパートとして働いている主婦の方であれば、消費者金融やクレジット会社といった選択肢も広がるので、自分に合ったキャッシングを選ぶこともできるでしょう。

カードローンというと「借金」というイメージが強く、マイナスにとらえられがちですが、最近では普段使いの銀行でもカードローンを扱っているなど、非常に身近な存在にもなりつつあります。

すぐに使わなくても持っておくだけでも良いカードローンは、万が一のときの安心材料にもなるので、まずは一枚、ローンカードを作っておくのもいいでしょう。

また、ネット銀行でもキャッシングをすることが可能です。実店舗に行く手間がかからず、ネット上でカードローンの申し込みや書類の提出、手続きが行えます。気になる方はネット銀行の口座開設も検討してはいかがでしょうか。


キャッシングの審査時間
個人事業主がキャッシング審査を通るためには?
主婦がキャッシング審査に通るためにはどうすればいい?
学生がキャッシング審査に通るためにはどうすればいい?
無職でもキャッシング審査には通る方法はあるのか?
キャッシング審査の在籍確認
土日祝日でも審査が通るキャッシング
自己破産後でもキャッシング審査は通るのか?